30代以降で未経験からインフラエンジニアは難しい理由について解説

就職・転職

インフラエンジニアはシステムの基盤となる部分を設計、構築を行う人のことを指します。
具体的な分野ではネットワークやシステムリソースなどがあげられ、システムを安定に稼働させるために欠かせない存在です。
AIの台頭やインフラを比較的に簡単に構築できるクラウドシステムの発展により、需要が減るという話も耳にしますが
実はむしろ、その逆でインフラエンジニアの需要は今後も高まっていくと考えられているのです。
(詳しい内容はまた別記事で紹介予定…)

しかし、需要が高い反面、インフラエンジニアは他のエンジニアに比べ難易度が高いというのも事実です。
吸収力の速い新卒や第二新卒ならまだしも、30代以降のIT未経験者を受け入れるのは企業にとってもリスクがありなかなか受け入れてくれません。

そこで今回は、現役システムエンジニアのいけやんから30代からインフラエンジニアになる難しさ
挑戦してみたい方へおすすめのキャリア形成を解説していきます。

なぜ30代未経験でインフラエンジニアは難しいのか?

システム全体の知識と経験が必要

インフラエンジニアは単一のコンポーネント(機能や部品)だけでなく、システム全体を俯瞰して理解する必要があります。
つまり、インフラエンジニアとしての守備範囲以外のアプリケーション、データベース、セキュリティなどに関しての知識にも精通していることが求められるのです。
そのため、未経験から入ってしまうと周囲の話についていけなかったり全然業務が進まないという状況に陥ってしまいます。

勉強が得意で自己学習をしてある程度知識をつけることはできたとしましょう。
ですが企業は20代の若手の吸収力の高さ将来性を考慮して育成を行ってくれますが、30代以降になるとスキル向上についても基本的なサポートはあるものの若手ほど手厚いものを受けられずいつの間にか若手に業務を取られ、自分はストレッチのない業務、単純作業を任されて、結果、昇進も遅くなる可能性があるというのも事実です。

スキルの獲得と時間管理

人それぞれですが、30代以降になると家庭を持ち、育児だったり親の介護だったり優先度の高い物事に追われることが増える可能性があります。
そのため、若い世代よりも時間的な制約が大きくなり、新しい技術への学習やトレンドへの追随が難しくなることがあります。

インフラエンジニアとしてのスキルを身につけるには、時間と努力が必要です。
30代以降の未経験者は、家庭や他の責任とのバランスを取りながら学習することが求められ、時間管理が重要な課題となります。

転職の不安要因

30代以降の未経験者にとっては、新しいキャリアに転身することに対する不安が大きな要素となる場合があります。
上述した通り、インフラエンジニアとして一人前になるには長い時間をかけて知識や経験を積む必要があり、多くの時間をこれから自分に投資していくという断固たる覚悟を決めなければいけません。
それを踏まえて、これまでの経験や職歴を捨てて、再出発することに対する心理的な障壁を克服する必要があります。

おすすめのキャリア形成

結論:保守運用エンジニアから始める

未経験から幅広い知識が必要とされるインフラエンジニアになるのにおすすめのキャリア形成として
まずは保守運用エンジニアになり、2,3年業務を経験したのちにインフラエンジニアになることをおすすめします。

保守運用エンジニアとは

保守運用エンジニアとは、既存のシステムを運用したり内外部による障害から守る人たちのことを指します。
具体的にどんなことをしているかを簡潔にまとめている記事がありますので、気になる方はぜひこちらも読んでみてください。

 

保守運用エンジニアから始めた方がいい理由

年齢をカバーするステップ

「30代でIT未経験」という印象は、そもそもインフラエンジニアの選考から外されやすくなるため、まずはそこを解消していくのが効果的です。
保守運用エンジニアとしての経験を重ねることで、年齢による未経験者への不利を部分的にカバーできます。
保守運用エンジニアは未経験者からでも比較的入りやすい職種になるので、ここでの実務経験を積んでいくという事を強くおすすめします。

システムインフラに精通するスキルの養成

保守運用エンジニアの業務は、「システムインフラに精通しやすい」という要素があります。
意欲的に業務に取り組むことができれば、ある程度インフラエンジニアとして必要な基礎スキルは身についてしまうのです。

保守運用エンジニアとしての実務経験があるいけやんとしては
難易度は低く、挫折のリスクが低いのにインフラに精通する機会があることを大きなおすすめポイントであると考えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

何度も言うように、30代以降の方でインフラエンジニアを目指すことは難しいです。
ただ、スキルや知識も磨けば磨くほど楽しく、責任のある仕事でやりがいを感じることができる本当に魅力的な仕事でもあります。
興味を持った方は、転職エージェントの方に相談や情報収集をしてみてください!
(twitterは様々なエンジニアの方がいらっしゃるのでおススメです。)

本記事以外にも未経験からITエンジニアを目指す方向けに仕事の内容や必要なスキルなどを紹介している記事もありますので、ぜひ覗いてみてください!

いけやん

いけやん

現役システムエンジニアのいけやんです。 駆け出しシステムエンジニアやIT業界に転職を考えている方のために有力な情報発信をしていきます!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

いけやん

いけやん

現役システムエンジニアのいけやんです。 このブログは駆け出しシステムエンジニアやIT業界に転職を考えている方のために有力な情報発信をしていきます!

にほんブログ村

TOP